×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガミースマイルの症状

「ガミースマイル」とは笑った時や話をしている時、歯茎がたくさん見えてしまう口元のことを言います。ガミースマイルを気にしない方もしらっしゃいますが、若い女性などの場合は、ガミースマイルが気になって、コンプレックスを持ったり、人前で笑うことをためらってしまうこともあります。ガミースマイルを治療して矯正したことによって暗かった性格が明るくなる例もあります。ですからガミースマイルの治療には精神的な部分に注意しながら治療を進める医療機関が多く存在します。
ガミースマイルは、上唇が上のほうに位置しすぎていて歯茎が見えやすい場合や、歯が完全に生えきらず、歯茎がかぶさったままの状態になってしまった場合などがあります。ガミースマイルの矯正方法は、歯茎の見える程度や、年齢、口の周りの状態などにより治療の方法が変わってきます。ガミースマイルも軽度の場合は、手術することなく矯正治療で済む場合がありますので、悩んでいる時は相談してみましょう。

歯科で行われるガミースマイルの治療方法

ガミースマイルの治療方法には、外科手術を行う方法、矯正用のインプラントを併用して行う方法、単独で矯正治療を行う方法があります。外科手術を行う方法は、骨自体を動かすので、ガミースマイルの矯正治療の中では、最も効果が期待できます。さらに手術費用には保険が適用されますし、高額療養費の申請もできますので、ガミースマイルの他の治療方法と比べて安く済みます。
ガミースマイルの矯正用のインプラントを使用して行う方法とは、骨の中に矯正用に作られたインプラントを埋め込み、歯を動かすという治療方法です。ガミースマイルの治療期間の短縮が期待されますが、骨の成長がある程度治まった16歳以上とされています。
ガミースマイル治療の矯正用インプラントには数種類ありますが、ガミースマイルの程度が軽い場合には、「K-1システム」が使用されます。インプラントは、麻酔から治療終了まで、30分〜2時間程度です。

美容外科や形成外科で受けられるガミースマイルの治療方法

美容外科で受けられるガミースマイルの治療方法は、「粘膜切除法」や「歯茎部切除法」で手術を行います。しかし手術が必要ないガミースマイルの治療法もあって、そのひとつに「ボトックス注入」というプチ整形があります。ボトックスとは顔の表情筋のみに効果があるプチ整形で、ガミースマイルの他にも、額や眉間、目じり、えら、オトガイの治療にも使用されています。
ボトックス注入は、メスを使う手術に不安がある人にとっては、気軽にガミースマイルを治療できる方法と言えます。そのために気軽に受けることが出来る治療方法といえます。ボトックスは筋肉の過剰な活動を抑制したり、表情筋の緊張をゆるめたりするなどの効果があります。ボトックスによるガミースマイル治療のメリットは、誰にでも効果が出ること、注射による治療なので、傷や腫れがないことが挙げられます。また、デメリットは、まれに内出血してしまうこと、効果が持続するのは5〜6ヶ月程度と、時期が経てば又、ガミースマイルに戻ってしまうため、継続的に治療を続けなくてはいけないことなどです。

Copyright © 2008 ガミースマイルの改善方法